福祉車両もリースがあります

福祉車両とは、身体に不自由を感じる方や、高齢の方などが使いやすいように、色々工夫された車両の事です。

日々の生活において、スムーズに行えるようにサポート機能が満載です。
足腰に不安がある方には、助手席シートが回転する機能、助手席シートや2列目シートへの乗り降りが電動で動く機能があります。

福祉車両のリースの情報を求める人におすすめです。

車いすでの移動が必要な方には、車いすのままスムーズに乗り降りできる機能があります。

NAVERまとめ情報を、皆様へ配信するサイトです。

手や足が不自由な方には、身体の状態の合わせた運転補助装置で自分で運転できるようになる機能があります。



これらの機能は身体が不自由な方本人だけではなく、周りの家族やお世話をする方、福祉施設で送迎にかかわる人にとってもとても助かる車両です。


またこれらの機能には、介護が必要になった時に、車両に後付けできる物があるので、将来に備える事ができます。

しかしこれらの機能が付いている分金額的には、高めになります。

また、これらのものが動くので場所的にも広さが必要になります。
福祉車両が必要な期間は検討もつきません。

そこでリースを使うことも選択肢の一つになります。


リース料金には納車までにかかる費用の全てが含まれたものが多いです。

オイル交換や車検などのメンテナンスを含むものもあります。


いろんな車種で、新車や中古車、エコカー車と選択肢がありますので、ご家庭で相談して金額的にも好みでも選ぶことができます。

リース期間満了時は乗換えや再リース、返却、買取など選択できるところのあります。福祉車両のリースなどを上手く活用して、介護生活の重労働などを少しでも軽減できれば良いと思います。